FAMA INC.

ファーマ株式会社

ブランドに関するご相談なら

090-9395-3998

ブランドはプロダクト以上の存在

ブランドはプロダクトではない!?それ以上の存在。

ブランド=プロダクトではなく、プロダクト+価値(VALUE) を持つもの、それがブランドであるとする考え方があります。 何らかの価値が、プロダクトに付加され、他ではなく、そのプロダクトでなければと顧客が感じるときに、はじめて「ブランド」が成立するという考え方です。 その価値の基になるのは、顧客の使用経験から生まれるブランドへの信頼感と期待感です。 顧客との関係を強くするためには、企業は、プロダクトとしてではなくブランドとして顧客とのコミュニケーションを行う事が重要だと考えます。

そもそもブランドとは何でしょうか?

ブランドの原義をたどると、所有する家畜を他人の家畜と区別するため、焼印をあてる行為を意味する言葉に由来すると言われています。 そこから発展し、自社の商品を他の商品と見分けてもらうため、製造元が取り付けていた商標やマーク、タグなどの付属物を意味する言葉となりました。

プロダクト・ブランドで顧客と共鳴を

新しい市場を切り開くためにも「プロダクトをブランドに」という発想があります。

顔の見えない不特定多数の消費者の市場に対して、優れた技術でプロダクトを投入しても、すぐに競合各社から切り口の似たようなプロダクトが市場に投入されることも珍しくありません。この様な市場では、消費者は価格と知名度で買うという傾向にあります。

しかし、その一方で共感できるブランドであれば、費用を惜しまないという考え方を持つ顧客も少なくありません。
顔の見える(と感じられる様な)消費者をターゲット顧客として捉え、ブランドの特性や個性を際立たせて、ブランドをよりダイレクトに伝えることで顧客の購買意欲を刺激するアプローチがあります。
顧客を取り込んで、顧客のブランド・ロイヤルティを築いていくのが、プロダクト・ブランドの発想です。

このプロダクト・ブランドの発想には、横並び市場での価格競争からの発想の転換を促す大きな可能性があると考えられています。
プロダクト・ブランドで新しい顧客と市場を開拓し、ビジネスをより大きく成長させてはいかがでしょうか。